もう悩まない!腰痛・ぎっくり腰の予防と治療

腰痛の原因とは?意外と多い原因不明の腰痛!

腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。腰椎に負担がかかったり障害が起きることで腰痛が発症します。腰痛のうち、原因ができるのは15%程度で、残りの85%は原因が特定できないと言われています。

まずは原因が特定できるものから見ていきましょう

原因が特定できる腰痛

  • 椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱間狭窄
  • 背骨の骨折
  • 骨への細菌感染
  • がんの骨移転
  • 胃潰瘍等の消化器系の病気
  • 尿路結石などの泌尿器系の病気
  • 子宮筋腫などの婦人科系の病気
  • 解離性大動脈瘤などの循環器系の病気

次に、原因が特定できないものを見て見ましょう。原因が特定できない腰痛の場合、下記のような影響が関係していると言われています。

原因ができない腰痛

  • 身体的要因
  • オフィスワークなど、長時間同じ姿勢でいる仕事、慢性的な運動不足、冷え性、肥満

  • 精神的要因
  • 仕事や家庭でのストレス、悩みごと、不安、不眠など

  • 神経的影響
  • 神経の障害が起こり、腰の痛みを引き起こす

どうして腰痛は慢性化してしまうのか?

一時的な腰痛ではなく、毎日毎日慢性的な腰痛に悩まされている人も多くいます。慢性的な腰痛になってしまう原因はどこにあるのでしょうか。

慢性的な腰痛は、腰椎の一時的な損傷ではなく、筋肉が炎症して起こる痛みと、神経の痛み(神経障害性疼痛)をはじめ、ストレスなどの精神的要因が重なって起こります。

腰が痛くなるとなるべく体を動かしたくなくなるものですが、動かさないことが精神的なストレスとなり、ストレスによってさらに神経が過敏になり腰痛を感じるようになるのです。また、常に腰痛のことばかり考えていると、それも精神的なストレスとなり、慢性化に繋がってしまうのです。

最新記事

  • 部活動や余暇活動としてスポーツに取り組む人が年々増えています。実は、走る、ジャンプする、上体をひねる等のスポーツの動作は、思った以上に腰に負担を与えているのです …

    スポーツと腰痛

  • 腰痛の治療は、腰痛の原因に合わせて、様々な治療法を組み合わせながら行われます。中でも基本となるのが「保存療法」と呼ばれる治療法です。保存療法とは …

    腰痛の治療方法

  • 体操やストレッチなどで腰回りの筋肉を柔らかくすると、腰痛が改善されることがあります。自分に合ったやりやすいものから生活に取り入れてみましょう。ただし …

    腰痛に効く体操・ストレッチ